単身赴任者向け賃貸物件の探し方

木造の賃貸物件の騒音対策

安くて綺麗な賃貸に住みたいのなら、木造のデザイナーズアパートが候補として挙がるでしょう。新築の木造デザイナーズアパートともなれば、デザイナーズマンションに劣らない内装で広さも申し分ないのに、かなり安い家賃で住むことができます。マンションと違うのは「木造」造りという点です。家賃が安いだけあって、やはりそれなりのリスクはあります。一番のネックは騒音の問題です。木造だと、生活音が響きやすいのはどうしても避けられません。

ですが、騒音を最小限に食い止める方法はあります。まずは、家具の位置を工夫することです。壁側にタンスや本棚などの重くて厚みのある、背の高い家具を置きます。これにより隣から聞こえる騒音・自分が出す騒音が隣に聞こえることを軽減させることができます。次に、下への対策です。床にはカーペットやラグを敷くことで、クッション代わりになり直接的に足音が響きません。防音マットというものもありますので、それだとさらに効果的でしょう。テーブルやイスなどの家具の足にはフェルト付きのカバーやキャップを付けます。引きずる時の音とともに、床に傷がつくことも防げます。騒音は窓からも入ってきます。厚手の防音カーテンを付ける・窓に遮音シートを貼る、という対策をすると随分変わります。自分は普通に生活しているつもりでも意外とかなりの騒音を出しているものです。木造なら音が伝わりやすい造りですので尚更のことです。対策はきちんとしておきましょう。