単身赴任者向け賃貸物件の探し方

バルコニーがない賃貸のデメリット

一人暮らし用の賃貸にはバルコニーが付いていない物件も結構あります。バルコニーがないとどのようなデメリットが生じるのでしょうか。・洗濯物、お布団、靴が干せないバルコニーがないと日光に当てて洗濯物、お布団、靴を乾かす場所がありません。太陽光に当てれば洗濯物の乾きが早いので朝に干せば夕方には乾いていて快適です。部屋干しは臭いが気になりますし、見た目もゴチャゴチャしますよね。ガス乾燥機はガス代がかかって経済的ではありません。特にお布団は太陽光に当てて乾かしたいのでバルコニーがないと不便ですね。

・バルコニー菜園ができないバルコニーは日光が当たることで植物にとって良い環境なので、野菜やお花を育てることを楽しめるのですが、バルコニーがないとできません。・窓が汚れやすい風や雨の影響を直接的に受けるので窓に汚れが付着しやすくなってしまいます。雨風が強い台風のときも、守られるものがないので危険性が上がってこわい気がします。また、窓拭きをしようにもバルコニーがなければ中からは拭けても、外からは拭けなくなってしまいますよね。・閉塞感があるバルコニーがあると大きな窓全体から光を取り込むことができますし、窓を開けると風の通りも良いので開放感があります。バルコニーの窓がないとなると、部屋も暗くなりますし風通しもいまいちになると思います。

バルコニー付き物件にすると少々家賃が上がるかもしれませんが、その上がった分だけのメリットは得られると思います。

注目のキーワード